シュガーアートとは、イギリス発祥のお砂糖で作る

デコレーション技術のことです。

その歴史は古く、19世紀ヴィクトリア女王の時代から作られています。

代表的なものはウェディングケーキのデコレーション。

他にも結婚記念日や誕生日

クリスマスやハロウィンなど様々な場面で人々に愛されてきました。

お砂糖を主原料とした粘土状のペースト、人気のアイシングクッキーでも使われる、

お砂糖のクリーム・ロイヤルアイシングを使い、

花束や人形など観賞用としても楽しめる作品を

作ることができます。

 

シュガーアートの材料やお道具について・・・・

シュガーアートで使う材料や道具のことを、お話したいと思います。

*ロイヤルアイシング

アイシングクッキーの人気で、身近になったロイヤルアイシング。

お砂糖を主原料としたクリーム状のものです。

生クリームのように絞ったり、

水を加えてゆるくすれば、流し込むこともでき(アイシングクッキーはこの方法で作ります)、

粉糖を加えた、かためのロイヤルアイシングは、お花も絞れます。

多量の粉糖を加えると、粘土状になりプレートも作れます。

*シュガーペースト

お砂糖を主原料とした、粘土状のものです。

乾燥するとかたくなります。

カーキをカバーする、カバーリングペースト。お花を作る、フラワー(タイロース)ペースト。

人形などを作る、モデリングペーストがあります。

*粉糖

ロイヤルアイシング・シュガーペーストの主原料となるのが粉糖です。

グラニュー糖をパウダー状にした物で、

お砂糖のみの全粉糖・オリゴ糖入りの物・コーンスターチ入りの物があります。

全粉糖は固まりやすいので湿気に注意して保管します。

「粉糖にコーンスターチが入ってるんですか」と聞かれたことがあります。

湿気をすって固まるのを防ぐために入っています。

 

*色素

シュガーペーストやロイヤルアイシングの着色に使います。

粉末・ジェル・液体の物があります。

外国から輸入された色素には、日本で食用不可(工芸用)として入ってきているものがありますので、購入される際はお店の人に確認すると良いです。